CPM カテゴリープロフィットマネジメント

オプティマム リサーチ社 CPMパッケージのご紹介

カテゴリー・プロフィット・マネジメント(CPM)は、需要予測と自動発注システムのデータ活用で売場利益を最大化する仕組み(マーチャンダイジング・ソリューション)です。POS情報や在庫情報をもとに 自動発注パッケージで 小売業の資産効率最適化を図ります。

カテゴリー・プロフィット・マネジメント(CPM)のメリット

1)売場の活性化および生産性の向上による利益最大化
在庫・スペースの有効活用という流通業のビジネス要件に対応した在庫管理の理論を確立しました。それによって、最小の業務負荷で店舗在庫の最適化を可能にします。
2)商品ライフサイクル管理の最適化による利益最大化
商品一括投入、販促作成、売り切り管理等の商品計画を作成する際に、高度な需要予測と連携することで、商品計画業務の高度化を支援します。
3)ローコスト・オペレーションの推進
CPMの在庫管理理論をシステム化することで、最小の業務負荷で最適な発注在庫管理を可能にします。

 

cpm_CPFRCPFR : Collaborative Planning for Replenishment
CPM 品揃え自動発注パッケージ 概要

このパッケージは 売場生産性という概念を、商品計画/カテゴリーマネージメントと自動発注に組込んだ流通業向け最新の商品管理ソューションです。

チェーン/店舗は、品揃えパターン(卸売業様が準備する最適品揃えパターン)を選択し、在庫・販売情報を基に自動で最適発注処理を行います。
卸売業様は、チェーン本部と情報をやり取りする仕組みを提供し、日用品の情報管理をします。

1)カテゴリー計画

カテゴリー業績予測に基づく目標設定とその進捗管理情報の提供
販促計画と需要予測とが連動しており、販促計画の売価設定や販売予想の精度向上を支援
小売店頭での制約資源の使用量に基づく売上・利益の生産性指標によるポートフォリオ管理を支援
SKUの正当な売上・利益貢献を評価する生産性指標を算出

2)需要予測

需要の主要因子をカバーし、様々な需要パターンに追随する需要予測モデル
小売業とメーカー双方の利益を最大化する最適価格算出機能

3)陳列管理

販促計画情報の一元管理
カテゴリー利益を最大化する最適フェース数の算出
プラノグラム用標準フォーマットで棚割データを出力

4)発注在庫管理

需要変動にあわせたダイナミックな基準在庫設定
送り込み商品の過剰在庫算出
販売終了日にあわせた売り切り管理機能
発注業務の自動化

参照1)ロングテールでの課題解決

plat28

参照2)CPMパッケージの流れ  卸適用例cpmsystemoverview

オプティマム・リサーチ資料参照